本文へ移動
一般外来予約外来
発達外来 栄養相談
予防接種 学童心臓検診/精密検査
夜尿外来 禁煙外来
皮膚相談 アレルギー外来/スギ花粉症/舌下免疫療法

発達外来、子どもの心相談

もしもお子様の発達に関わることでご不安やお困りのことがありましたら、ともに考えていきたいと思っています。
 
「発達障害」「自閉症」「ADHD」・・・診断=絶望で終わらせたくはないです。もう一度一緒に前を向いて、今できることを考えませんか?
 
特性は消すことはできないかもしれない、でも、対応によって将来をより良いものに変えられると信じます。
 
特性は消せなくても、行動は学習することができる、変えることができる、私たちが学ぶ応用行動分析の基本です。
 
一般診療の中でも随時発達面をサポートするアドバイスやトレーニングを行っています。
 
 
 
 
・初診は1時間程度です。
 
以下のご案内をお読み頂いた上で、お申し込みはメールにてお待ちしています。
ご家庭での対応を共に考える考える発達外来です。
診断書発行目的の受診はお受けいたしません。
ただ今お申し込みが非常に多くなっており、当面土曜日枠はお受けできません。
現在お受けできるのは
木曜日13:00~15:00
月・金曜日の15:00~16:00の枠のみです。
初診はとても大切にしていますので、恐れ入りますがご都合をつけていただくか、難しい場合、一般外来にいらしていただければ、その中で可能な限り丁寧に対応していきます。
 
 
発達外来お申し込みの前に
 対応にお困りの園や学校から「診断がつくか診てもらってください」「投薬も考えてみては、と言われた」とご相談にみえるケースが増えています。
 私どもの発達診療はWISC等諸検査から診断を告げること、投薬により即座にお子様のありようを変えることを目的としていません。
 お子様にもそのお子様らしく生きる権利があります。手に負えない、といういわば大人の都合でたくさんの投薬がなされているケースにも多く出会います。
 問題行動でご相談のケースには、お子様自身から丁寧に心をききながら、ご家族はじめ周囲の方の関わり方をもう一度見直します。お子様の自信を支え、生活していくために必要なスキルをお子様と話をしながら少しずつ練習して身につけていくこともあります。時間はかかっても、その先にお子様の行動変容があります。まずは周りが変わることで、お子様がとてもよい方向に変わることは多く経験します。
 発達障害について根本的な治療法は薬物療法を含めて現時点ではありません。投薬には副作用、依存のリスクもあります。診断、検査、投薬はもちろん可能ですが、もっと大切なことは困っていることへの対応です。お子様の特性をどう理解したらよいか、お子様が生きていきやすくするためにどんなことを身につけたらよいか、周りはどう支えたらよいか・・そんなことを共に考える診療です。それがお子様の将来とご家族の笑顔を支えることにつながると思うからです。
 そのあたりをご理解いただいた上でお申し込みください。
 お力になれればと思います。
 
①お名前(漢字・ひらがな)
②性別
③生年月日
④ご住所
⑤電話番号
⑥所属先(学校・幼稚園・保育園 学年)
⑦ご家族の状況(同居・関わり)
⑧今までの経過
⑨具体的な困りごと
⑩担当医師のご希望(ございましたら)
 
 
をお送りください。
 
また、初診の方はあらかじめカルテを作成させて頂きますので
保険証、こども医療資格者証の画像を添付してお送りください。
 
大枠を把握させていただいた上での初診となります。
受診日時については、折り返しメールさせていただき決定します。 
 
<ご相談内容により担当医師のご希望がある場合>
メールの送り先にご注意ください。(それぞれにメールがございます。)
ABAセラピーご希望の場合、かや子医師宛て、でお申し込みください。
 
かや子医師(こどもの心相談医)
 kayamadamoz@@gmail.com
(実際に送る場合は、@を一つ消してください)
武史医師  milkbuta@@gmail.com
(実際に送る場合は、@を一つ消してください)
 
 
心理カウンセラー松井裕希子先生によるカウンセリング
 
通常外来・発達外来でもできる限り相談に応じておりますが、ご希望により心理カウンセラーもご紹介できます。
お母様方のお悩みに寄り添うことができたらと思います。
 
松井裕希子先生
料金 1時間2500円
 
カウンセリング時間
月・水 午後
土 午前
 
お時間はある程度ご希望に添えますので、ご希望の方は診療時間内にお問い合わせください。
TOPへ戻る